• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • ブログ
ホーム > 顎がカクカクする・痛い -顎関節症-
咬み合わせや顎の関節に違和感のある方へ
口を大きくひらくと顎から音がする
歯ぎしり、くいしばりが気になる


口が開きづらい、顎に痛みがある、顎がカクカクする、そんな症状はありませんか?このような場合、まず疑われるのが顎関節症です。顎関節症は、顎の関節や筋肉の痛みだけでなく、頭痛や肩こり、めまい、耳鳴りなど、体全体の不調につながることもあります。

顎関節症の原因について

顎関節症の原因について

顎関節症の原因には様々なものが考えらえますが、原因と症状が干渉し合って悪循環を起こすケースも少なくありません。

無意識のうちに行っている癖が、顎関節症を引き起こしているかもしれません。

  • 左右どちらか一方の歯ばかりを使いがちである
  • 正面を向いて食事をしていない
  • 頬づえをつくなど、姿勢が悪い
  • 食べる物が、硬いか柔らかい物どちらかに偏っている
  • 無意識のうちに舌で歯を押している
  • 睡眠時に歯ぎしりや食いしばりがある
ストレス
精神的なストレスが増えると、気づかないうちに歯ぎしりや食いしばりをしていることがあります。これにより、筋肉が緊張、疲労してしまい、顎のバランスを崩す原因になります。
疾患
以下のような疾患が原因で、顎関節症を引き起こすことがあります。

  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 睡眠障害
  • 耳下腺炎
  • シェーグレン症候群
  • 多発性関節炎
  • 筋繊維症
加齢
年齢を重ねるとともに歯の表面のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質の色(淡いクリーム色)が透けることで、黄ばんで見えることがあります。
外傷
顎は、頭の骨にぶら下がる構造になっているため、外部からの力にあまり強くありません。そのため、あくびのし過ぎや、急に硬い物を咬んだ場合などには、口が開きづらくなったり痛みを伴ったりすることがあります。
咬み合わせの乱れ
人は、すべての歯を使って物を咬もうとします。しかし、咬み合わせが悪いと、体の他の部分で力を補う必要が生じ、無意識のうちに頭を傾けたり、不自然な姿勢をとったりしてしまいます。これが、顎の関節や周囲の筋肉に負担を与え、神経や血管を圧迫するため頭痛や肩こり、腰痛などに発展することもあります。

ゆうり歯科クリニックでは、咬み合わせチェックも行っております。顎関節症の対策もご提案していますので、上記のような症状がありましたら、ぜひご相談ください。
府中市のゆうり歯科クリニックがお届け ワンランク上の歯科治療ガイド 電話番号:042-319-1662
歯やお口のトラブルを感じたら お気軽にご相談ください。電話番号:042-319-1662
アクセス


住所
東京都府中市浅間町3丁目11番2 ファミール武蔵野1F

診療時間
■平日
10:00~14:00
15:00~19:00
■土曜
10:00~17:00
水・日・祝日 休診

詳しくはこちら