• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • ブログ
ホーム > 親知らず・口の中のできものが痛い -口腔外科-
お口のお悩みお聞きします

生えかけの親知らずがうずく
口内炎がなかなか治らない


虫歯や歯周病だけでなく、当院ではこのようなお口のトラブルも診療しています。口腔内外で起こる痛み、腫れ、炎症やケガなどのつらい症状が出た場合は、口腔外科で対応が可能です。お口全般のお悩みをあらゆる角度から診断し、最も適した治療法をご提案いたします。

口腔外科で取り扱っているお口のトラブル

外傷
歯や顎の骨の損傷、また唇やお口の中に傷ができた場合などに診断・治療いたします。
口内炎
口腔内特有の症状、または全身疾患に起因する症状を問わず、口腔内膜(舌・頬・歯肉)に発生する口内炎の治療に対応しています。内服薬・外用薬を使用し、症状の進行具合によっては外科的処置を行う場合もあります。
顎関節症・顎変形症
顎の関節や骨に起こる痛みや障害、歯ならびや咬み合わせなどについて診断・治療いたします。痛みがある、カクカクと音がする、口が開きにくい、発音がしづらいといった、顎周辺の症状について、ご相談ください。
歯の自家移植
抜歯しても問題のない歯、いずれ抜歯が必要になる歯を、他の患部に移植することができます。ご自身の歯を移植するため拒絶反応もなく、色や強度についても他の歯との違和感が少ない治療が可能です。
抜歯
親知らずや過剰歯など、他の歯に影響を及ぼす恐れのある歯を抜歯いたします。抜歯した歯は保存することができ、将来の治療に移植などの形で活用することも可能です。
インプラント
事故や疾患によって歯が失われた際、外科手術によって取り戻す治療です。顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を装着します。

親知らずは抜歯をしないといけない?

親知らずは抜歯をしないといけない?

「親知らず」とは、前歯の中央から8番目の歯のことを指し、永久歯が生えそろった後に生えてきます。現代人は昔の人に比べて顎が小さくなってきており、スペースが足りずにまっすぐ生えなかったり、不自然な向きに生えてきたり、歯ぐきに埋まったままになることがあります。このような状態により周囲の歯に悪影響を与えたり、正常に生えてもブラッシングが届かず虫歯になったりすることもあります。

これらのリスクにより、「親知らずは、抜歯するもの」と考えている方もいらっしゃいますが、必ずしもそうとは限りません。すぐに周囲の歯に影響がない場合には、将来、他の歯を失った場合に活用することもできるため、そのままの状態で保存することもあります。

府中市のゆうり歯科クリニックがお届け ワンランク上の歯科治療ガイド 電話番号:042-319-1662
歯やお口のトラブルを感じたら お気軽にご相談ください。電話番号:042-319-1662
アクセス


住所
東京都府中市浅間町3丁目11番2 ファミール武蔵野1F

診療時間
■平日
10:00~14:00
15:00~19:00
■土曜
10:00~17:00
水・日・祝日 休診

詳しくはこちら