• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • ブログ
ホーム > 歯のクリーニングをしたい -予防・メインテナンス-
健康な歯を維持するために
痛くなってからいつも反省……
治療した歯の再発はもういや!


体の健康に対する意識は高まり、毎年の検診や健康診断を欠かさない方も増えてきています。では、歯に関する意識はどうでしょうか。歯科先進国では、「歯科医院は治療のためではなく、予防のために通うところ」という認識が当たり前になっています。しかし日本ではまだまだ予防への意識が低いのが現状です。

健康な歯も治療後の歯も、お口の健康維持のためには毎日のセルフケアが欠かせません。しかし、それだけでは限界があります。定期的に歯科医院のプロケアを受けることが、一番の予防につながります。痛くなってから駆け込む負の連鎖を、定期的な正しい予防で断ち切りましょう。

ゆうり歯科クリニックのプロケア

PMTC
毎日のブラッシングでは落とし切れないプラークや歯石。専用の器具を使用して、歯科衛生士がこれらを徹底的に除去します。きれいに磨き上げられた歯は汚れもつきにくく、お口のトラブルの再発を防ぐことができます。
フッ素塗布
フッ素は、歯の表面のエナメル質を再石灰化する働きがあります。このため、フッ素を塗布することで、虫歯に強い歯をつくることが可能なのです。生えはじめの乳歯、永久歯の虫歯予防に効果的です。
ブラッシング指導
染め出し液を使って歯の磨き残しをチェックし、患者さんの歯ならびやお口の状態に合ったブラッシング方法を指導します。毎日こまめにブラッシングしていても、誤った方法では効果が半減してしまいます。正しいブラッシング方法を身に付け、効率的なブラッシングを行いましょう。
生活習慣指導
お口の中の環境は、ライフスタイルが大きく影響します。虫歯や歯周病を防ぐためにも、あらためて生活習慣を見直すことが大切です。当院では、食事やブラッシングのタイミングなど、お口のトラブルを予防するためのアドバイスを行っています。

こどもの歯の健康を保ちたい -小児歯科-

小児歯科 健康な歯は乳歯から
乳歯は生え替わるのにそんなに気を付ける必要あるの?
歯医者さんには何歳くらいから通いはじめるもの?
人見知りが激しいから、歯医者さんはまだ無理ね
こどもが歯ブラシを嫌がって困る


生涯にわたり健康な歯を維持するためにも、生えはじめの乳歯からのケアはとても重要です。乳歯は、永久歯に比べて柔らかいため虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうと進行が早いのです。また、乳歯の虫歯が原因で歯が抜けてしまうと、永久歯が正しく生えてこないこともあります。

お子さんの健やかな成長のためにも、歯が生えはじめたら早期に小児歯科を受診することをおすすめします。

こどもの歯にしてあげられること

お子さんの歯の健康のために、親御さんができることはたくさんあります。ぜひ、次のようなことに気を付けてあげてください。

規則正しい食生活
大切な歯を守るためには、お口の中に細菌を増やさない環境を作ることが大切です。だらだらと食事をさせたり、時間を決めずにおやつを与えたりせず、規則正しい食習慣を身に付けさせてあげましょう。
ブラッシングの習慣
お口の健康を保つために、食後のブラッシングを習慣づけることも大切です。小さいうちから、「ブラッシングは楽しいもの」と感じられるよう工夫をしてみてください。例えば、何でも口に入れたがる赤ちゃんの時期や、大人の真似をしたがる時期に歯ブラシを持たせてあげる。また、歌に合わせて歯みがきを促してみる、といったことも良いかもしれません。
また、ブラッシングはタイミングも大切です。眠たいときや機嫌が悪いときにお子さんが嫌がるのは当然のことです。機嫌の良いタイミングで、手早くキレイに仕上げ磨きをし、終わったら褒めてあげるというのが理想的です。
家庭内感染に要注意
お子さんの虫歯の原因は、ほとんどの場合がご家族からの感染です。生まれたばかりの赤ちゃんは、お口の中に虫歯菌が存在していません。感染の原因は、赤ちゃんへのキスや、赤ちゃんの口に入る可能性のあるものに周囲の人が口をつけていることにあります。食べ物の口移しなどをできる限り避けることは、お母さんたちの新常識にもなっています。

しかし、一緒に生活していれば、完全に最近の感染を防ぐことはできません。感染経路を遮断することよりも、まずはご家族がしっかりとご自身のケアをするように気を付けましょう。ご家族のお口の健康が、お子さんのお口の健康にもつながります。

ゆうり歯科クリニックの小児歯科メニュー

ゆうり歯科クリニックの小児歯科メニュー

当院では、様々な小児歯科の処置を行っています。乳歯が生えはじめたら、生涯にわたってご自身の歯とお付き合いできるよう、お口のケアの最初の一歩をご提案しています。

ブラッシング指導
日頃のホームケアが効果的にできるよう、正しいブラッシングの仕方をご指導いたします。お子さんの成長に合わせた歯ブラシの選び方、仕上げ磨きのコツなどについてもアドバイスしています。
フッ素塗布
虫歯予防のため、乳歯や永久歯にフッ素塗布を行うことをおすすめしています。フッ素塗布は、歯の再石灰化や虫歯菌の抑制に有効で、虫歯になりにくい歯を作ります。時間の経過とともに効果は薄れてくるため、定期的に塗布するとより効果的です。
シーラント
お子さんの奥歯にはブラッシングが届きにくい細く深い溝があるため、虫歯になりやすくなっています。シーラントとは、奥歯の溝を歯科用プラスチックで塞ぐことにより、食べかすや虫歯菌の侵入を防いで虫歯を予防する処置です。乳歯だけではなく、永久歯にも効果が期待できます。
過剰歯の抜歯
人の歯は、乳歯が20本、永久歯が32本生えます。しかし、まれに本来の本数以上に歯が生えてくることがあります。これを過剰歯と言います。過剰歯が生えると、周囲の歯を圧迫することで歯ならびを乱してしまったり、永久歯の成長に影響したりすることがあるため、通常は抜歯する処置をとります。
府中市のゆうり歯科クリニックがお届け ワンランク上の歯科治療ガイド 電話番号:042-319-1662
歯やお口のトラブルを感じたら お気軽にご相談ください。電話番号:042-319-1662
アクセス


住所
東京都府中市浅間町3丁目11番2 ファミール武蔵野1F

診療時間
■平日
10:00~14:00
15:00~19:00
■土曜
10:00~17:00
水・日・祝日 休診

詳しくはこちら