• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • ブログ
ホーム > 入れ歯とは違う治療がいい -インプラント-
失った歯を再び取り戻すインプラント

抜歯してそのままでは格好が悪い……
事故で歯を失ってしまった


虫歯や歯周病の疾患により抜歯が必要になったり、事故等で歯を失ってしまったりした場合、抜けたスペースをそのままにしておくと、見た目が気になることはもちろん、周囲の歯が動いたり、伸びてきたりするなど、口内全体のバランスに支障が出てくることがあります。

歯を失った場合の治療法・処置には、以下のような選択肢があります。

  • 入れ歯
    もっとも一般的な治療法です。失った歯の本数により、「部分入れ歯」か「総入れ歯」を選択します。
  • ブリッジ
    失った歯の両隣を削り、それを土台として連結した人工歯を橋のように架けて補う方法です。
  • インプラント
    歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根を埋め込み、人工歯を装着する方法です。

ゆうり歯科クリニックのインプラント治療

ゆうり歯科クリニックのインプラント治療

口腔外科出身の院長は、インプラント治療を得意とし、高度な技術を必要とする特殊な治療も手掛けています。

他の歯科医院でインプラントが困難だと言われた方でも、解決の方法が見つかるかもしれません。
まずは、お気軽にご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー
従来のインプラントは失った歯の本数と同じ数の人口歯根を埋め込む必要があり、それが患者さんにとって大きな負担となっていました。インプラントオーバーデンチャーは、例えすべての歯を失ったとしても、上顎で6本、下顎で4本の人口歯根の埋め込みだけで人工歯を固定することができます。
抜歯即時インプラント
これまで、抜歯後にインプラント治療を行うためには、抜歯の傷が治癒するまで次のステップには進めませんでした。しかし最近では、すぐにインプラントを埋め込む治療方法が開発され、抜歯と併せて一度の手術で済ませることが可能になっています。このため、治療期間が短縮され、患者さんへの身体的・精神的負担を大きく軽減することができるようになりました。

骨の高さや量が足りないと言われた方への治療法

サイナスリフト
顎の骨の高さが5㎜以下であるため通常のインプラント治療が困難な場合、まず患者さんご自身の別部位から採取した骨を移植し、施術に必要な一定の骨の厚みを確保する方法です。
ソケットリフト
上顎にある「上顎洞」という空洞を専用の器具を使用して徐々に押し上げることにより、インプラントに必要な上顎の厚みを確保する方法です。顎の高さが5㎜以上ある場合に行うことができます。
GBR法
顎の骨の厚みや量が不足している場合に行う方法です。必要な箇所に「メンブレン」という特殊な膜を入れ込み、歯肉の侵入を防ぎながら骨の再生を促します。
府中市のゆうり歯科クリニックがお届け ワンランク上の歯科治療ガイド 電話番号:042-319-1662
歯やお口のトラブルを感じたら お気軽にご相談ください。電話番号:042-319-1662
アクセス


住所
東京都府中市浅間町3丁目11番2 ファミール武蔵野1F

診療時間
■平日
10:00~14:00
15:00~19:00
■土曜
10:00~17:00
水・日・祝日 休診

詳しくはこちら