• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • ブログ
ホーム > 今の入れ歯をどうにかしたい -入れ歯-
入れ歯のお悩みありませんか?
入れ歯が当たる部分が痛い
今の入れ歯に不満がある
入れ歯が壊れた


歯を失った場合に機能を補完する方法として、最も一般的なのが入れ歯です。現在、ご使用のものはご自身にピッタリ合っていますか?
「金属が当たって痛い」、「だんだんと違和感が出てきた」などということはありませんか?

当院では、患者さんの口内の状態や、生活習慣、ご希望を踏まえて、お口にフィットする入れ歯を作製いたします。新たに作る場合も、現在使っているものにご不満がある場合も、どうぞお気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い

入れ歯にも、保険が適用されるものと自費で作製できるものがあるのをご存知でしょうか。

保険適用の場合は使用可能な素材が限られてきますが、自費診療では様々な素材から選択することができます。より審美性・機能性の高いものをご希望の方には、自費診療で高品質の入れ歯をおすすめいたします。

保険診療で作る入れ歯
保険診療の入れ歯はコストを抑えることができる一方で、使用素材がレジン(歯科用プラスチック)に限られるため、床部分が厚くなります。床部分が厚くなると、食べ物の温度を感じにくく、しっかり咬めずに外れてしまうことがあります。また、部分入れ歯の場合、固定する金属が見えたり、人工歯の色が周囲の天然歯と異なって見えたりすることもあります。強度も比較的弱いため、後々修理が必要になるケースや、新たに作り直さなければならなくなるケースもあることを知っておく必要があります。
自費診療で作る入れ歯
自費診療の入れ歯は、素材や構造にこだわることができるため、ご自身にぴったりフィットするものを作製することができます。人工歯も天然歯に近い色味のものを選ぶことができ、留め具が見えない構造で入れ歯だとわかりにくい仕上がりを実現します。選択肢が広がるので、お口の状態に最適なものを作製することができます。

ゆうり歯科クリニックで取り扱っている入れ歯

ノンスクラブデンチャー
固定するための金属バネがない、審美性の高い入れ歯です。弾力があるので破損の心配が少なく、装着時の違和感もほとんどありません。また、金属を使用していないため、アレルギーの心配もありません。
マグネットデンチャー
入れ歯の内側と歯ぐきに磁石を取り付け、磁力によって固定させる入れ歯です。装着時に安定感があり、金属バネも使用しないため、見た目に優れています。
金属床義歯
床部分に金属を使用した入れ歯です。床を薄く作ることができるため、装着時の違和感が少なく、食べ物の温度を感じやすいというメリットもあります。また、強度があるため安心です。
府中市のゆうり歯科クリニックがお届け ワンランク上の歯科治療ガイド 電話番号:042-319-1662
歯やお口のトラブルを感じたら お気軽にご相談ください。電話番号:042-319-1662
アクセス


住所
東京都府中市浅間町3丁目11番2 ファミール武蔵野1F

診療時間
■平日
10:00~14:00
15:00~19:00
■土曜
10:00~17:00
水・日・祝日 休診

詳しくはこちら